MRMによる過去の予定表アイテムの削除







メッセージングレコード管理(MRM)機能として従来の管理フォルダーメールボックスポリシーに加えて、

Exchange server 2010 SP1からアイテム保持ポリシーが加わりました。



アイテム保持ポリシーでは、より細かな設定が可能になりました。



これらを使用して予定表アイテムの削除を行う場合、

若干動作が異なるので以下にまとめておきます。







<アイテム保持ポリシー>

 ・管理コンソール上で削除対象アイテムに予定表アイテムを選択できない。

  (管理シェルからは選択可能)

 ・管理シェルから予定表アイテム削除設定後も、期日を過ぎた予定表アイテムが消えていない。

  (TechNet 上にもアイテム保持ポリシーでは予定表アイテムは削除できないというニュアンスの記載あり。

   だから管理コンソールからは設定できないのか??)



アイテム保持ポリシーの概要



<管理フォルダーメールボックスポリシー>

 ・管理シェルからのみ設定/参照可能。

 ・期日を過ぎた予定表アイテムも消えた。



上記はExchange Server 2010 SP1で確認できた動作です。

現時点では予定表アイテムの削除には管理フォルダーメールボックスポリシーを使用したほうが良さそうですね。






コメント

タイトルとURLをコピーしました