Exchange Server 2010 SP1 警告メッセージ送信のしくみ

Exchange 2010ではメールボックスサイズが警告しきい値を超えた場合警告メッセージを送信するよう設定できます。



Exchange 2010 SP1でこのメッセージ送信の仕組みが変更されていますので注意が必要です。





<SP1以前>

・警告スケジュール中にサーバー上の全メールボックスが調査され、サイズが警告しきい値を超えているかどうかを確認する

・しきい値を超えている場合は、そのメールボックスに対して警告メッセージが作成される



<SP1>

・メールボックスを調査するかどうかのフラグが追加された

・メールボックスサイズが送信禁止サイズの50%を超えている場合にフラグが立つ

・フラグが立ったメールボックスが警告しきい値を超えている場合、警告メッセージが送信される

・一度警告メッセージが送信されるとフラグがクリアされる



ということは・・・

・警告しきい値を送信禁止しきい値の50%以上に設定しないと警告メッセージは送信されない

・一度警告メッセージが送信されると、フラグが再設定されるまでメールボックスを調査しない

 (メッセージがメールボックスに保存されるか、メッセージが送信されるときに、

  メールボックスサイズが送信禁止サイズの50%を超えている場合フラグが再設定される)





データベース保守の負荷を減らすために色々と仕様が変更されていますねー。

調査する必要のないメールボックスは調査しないって考えなんでしょうが、

動きが複雑になってしまいました。



[参考]Exchange Server 2010 の SP1 を適用した後、ユーザーがクォータの警告メッセージを受け取らない








Exchang Server 2010
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました