DAG監視サーバ切り替えコマンド

Exchange Server 2010 でDAGを構成する場合、
DAG監視サーバを指定する必要があります。

一般的にはHUB/CASサーバのうち1台を指定することが多いです。

このDAG監視サーバがDAG構成を監視し、
MBXサーバ障害時のデータベースフェールオーバなどを管理します。

DAG監視サーバはDAGにとって生命線といえますが、
このDAG監視サーバ自体が障害停止した場合はどうなるでしょうか。

当然DAGは停止し、メールボックスが参照できなくなります。

DAG監視サーバが復旧するまでDAG監視サーバを代替サーバで運用し、
復旧後に戻すという手順が必要になります。

【DAG監視サーバを代替サーバで運用する】

  以下のコマンドを実行します。
  Restore-DatabaseAvailabilityGroup -Identity DAG名 -ActiveDirectorySite サイト名

  Restore-DatabaseAvailabilityGroup は以下の動作を行います。

  ・StoppedMailboxServers リストに一覧表示されているサーバーを DAG のクラスターから強制的に削除し、
   残存 DAG メンバーでサービスを開始および提供できるクラスターのクォーラムを再確立します。

  ・偶数個または単一の残存 DAG メンバーが存在する場合に、
   代替監視サーバーを使用するように DAG を構成します。

  この操作を行うためには、事前に代替ミラーリング監視サーバを指定し、
  DACモードを有効にしておく必要があります。

  DAGとDACモードの関係はこちら。
  http://blogs.technet.com/b/exchangeteamjp/archive/2012/07/02/3506996.aspx

【DAG監視サーバを元に戻す】

  本来のDAG監視サーバ復旧後は、以下を実行します。

  Set-DatabaseAvailabilityGroup -Indentity DAG名

  これで、プライマリ設定の監視サーバでDAG監視サーバが移動します。


現在のDAG監視サーバがプライマリか代替かは、以下のコマンドで確認します。

Get-DatabaseAvailabilityGroup -Status | fl

出力結果の、WitnessShareInUse項目を確認します。
  Primary : プライマリ監視サーバ
  Alternate : 代替監視サーバ



コメント

タイトルとURLをコピーしました