vmware ESXi 環境で仮想マシンを簡単にコピーし仮想マシン環境を複製する方法

スポンサーリンク
vmware ESXi 環境や vmware player 環境で作成した仮想マシン環境のメリットとして、作成した仮想マシンを複製して別のマシンを作成できることがあります。
・vCenter Converterで移行
・OVFテンプレート形式でインポート/エクスポート
などの方法がありますが、一番てっとり早い方法を紹介します。
手順は少々面倒ですが、、
「vmdkファイルを直接コピーして、新規仮想マシンを作成する」

方法がです。

■仮想マシンをコピー


1.コピー元の仮想マシンを停止します。
  マシンが起動した状態だと、vmdkファイルを掴んだままとなりコピーできません。
  コピー元の仮想マシンを停止せずにvmdkファイルをコピーしたいときは、スナップショットを使用します。
  コピー元の仮想マシンのスナップショットを作成すると、*.vmdkファイルのほかに *_000002.vmdk(数字部分はスナップショット数により変動)というファイルが作成されます。
  以降、*_000002.vmdkの方を掴んだ状態になるため、元の*.vmdkファイルはコピーできるようになります。
2.vmware vSphere Client の管理画面でデータストアブラウザを開きます。
3.作成したい仮想マシン用のフォルダを新規作成します。
4.コピーしたい仮想マシンフォルダ内の全ファイルを選択し、右クリック→コピーを選択します。  
  ※ただし以下のファイルはコピーする必要はありません。
    ・*_000002.vmdk (数字部分はスナップショット数により変わります)
    ・*.log
5.新規仮想マシン用に3.で作成したフォルダ内に、コピーしたファイルを張り付けます。
  ※仮想マシンサイズにもよりますが、それなりに時間が掛かります。
6.コピーした仮想マシンフォルダ内の*.vmxファイルを右クリックし、「インベントリへの追加」を選択します。
  ・「名前」画面で新規追加したい仮想マシン名を入力します。
  ・「リソースプール」画面ではそのまま次へをクリックします。
  これでvmware vSphere Client 画面左側に新規仮想マシンが追加されます。
■コピーした仮想マシンのMACアドレス、IPアドレス、マシン名を変更

1.コピーした仮想マシンのネットワーク無効化

  コピーした仮想マシンはIPアドレスがコピー元と同一になっているため、IPアドレスの競合が発生してしまいます。

  初回起動時にはネットワークを無効化しておきましょう。

  ・コピーした仮想マシンの右クリックメニューからプロパティ画面を表示します。

  ・「ネットーワークアダプタ1」を選択し、「パワーオン時に接続」のチェックを外します。

2.コピーした仮想マシンを起動します。

  ・「仮想マシンの質問」ダイアログが表示されるため、「I copied it」選択し「OK」をクリックします。

  ※これでUUID(仮想マシンの固有ID)やMACアドレスなどが変更されます。

3.各OSの設定方法に従い、IPアドレス、マシン名を変更します。

  ※vmware vSphere Clientの「コンソール」タブで、仮想マシン内の操作が行えます。

  変更が完了したら1.で外した「パワーオン時に接続」のチェックを付けて、仮想マシンを再起動します。

これで完了です。

※仮想マシンコピー後にネットワークに接続できない場合の対処法はこちら

vmware コピーした仮想マシンで Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization が表示されネットワークに接続できない場合の対処法





スポンサーリンク
スポンサーリンク
VMWare vSphere 5.1
スポンサーリンク
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました