vmware コピーした仮想マシンで Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization が表示されネットワークに接続できない場合の対処法

vmware などの仮想環境のメリットの一つとして、仮想マシンをコピーできることがあります。
※仮想マシンのコピー方法は以下
vmware ESXi 環境で仮想マシンを簡単にコピーし仮想マシン環境を複製する方法
コピーした仮想マシンで以下のエラーが表示されネットワークに接続できない場合があります。
Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization
その対処法を以下に示します。

まず以下コマンドを実行してみます。
$ /sbin/ifconfig -a
れでeth0に関する表記が表示されないと思います。
ということはeth0が存在しないということになります。
次に以下のコマンドを実行し、表示されるMACアドレスをメモしておきます。
/sbin/ifconfig -a
以下のファイルを開きます。
/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
内容を見ると同じ「PIC device 0xxxxxxxxx」と記載されている行が2行あると思います。
1つはNAME=”eth0″、もう1つはNAME=”eth1″となっています。
また、ATTR{address}の値を見ると、1つは複製元の古いMACアドレスに、もう一つは複製後の新しいMACアドレスになっています。
ここで、1つ目のNAME=”eth0″の行を削除します。
そして残りのNAME=”eth1″をNAME=”eth0″に変更します。
また、もしATTR{address}が先ほどメモしたMACアドレスになっていない場合は、メモしたMACアドレスに変更します。
これで設定変更は完了です。
OSを再起動すればネットワークに接続できるようになります。




VMWare vSphere 5.1
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました