vCenter Server インストールマシンで1209 ADWS警告が頻発する







WORKGROUP環境のWindows Server 2008R2に vCenter Server をインストールしたところ、

以下の現象が発生することがあります。



・Active Directory Light Weight ディレクトリサービスが何故か入っている。

・イベントログにID 1209 ADWS警告が出続ける。











原因としては、Windows Server 2008 R2でActive Directory 環境ではない状態の場合に発生するようです。



vCenterが使うADAMサービス(Active Directory Application Mode Service)が

自動適にインストールされ、自動でADWSサービスが起動するため発生するとのこと。



WORKGROUP環境なので、上記サービスが警告を出し続けるようです。



したがって、ADWSのサービス(Active Directory Web Service)を、

サービスの管理で停止/無効化することで警告を停止できます。






VMWare vSphere 5.1
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました