vSphere Web Client と VMWare vSphere Clientの違い







VMWare vSphere 5より管理ツールとしてWeb管理ツール

(vSphere Web Client)が採用されました。



もちろん、従来のvSphere Clientも使用できます。



ただしWeb Clientでのみ可能な操作があるようです。











Web Clientのみでできること

・仮想HWバージョン 9 (仮想マシン互換性ESXi5.1以降) のVM作成

・タグ付け (vSphere 5.1 インベントリ サーバーの新機能)

・ログブラウザー (ESXiやvCenterのログの閲覧)

・複数vCenterへの一括アクセス

・ライセンスレポート

・SSOサーバーの管理

・vSphere 5.1の新機能 (vSphere Replicationなど)



vSphere Clientのみでできること

・アドオン製品のプラグイン (Update Manager, Orchestrator, SRM, 3rd partyプラグインなど)



その他の違い

・同時接続数 (Web Client: 最大150接続、vSphere Client: 最大50接続)

・注意点としては、SSOサーバーのサービスが落ちるとWeb Clientでアクセスできなくなる

(vCenter内のアカウントをSSOサービスで管理しているため、ログインができなくなる!!)




VMWare vSphere 5.1
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました