DAGデータベースの状態を元に戻すスクリプト





DAG設定や動作確認を行った後、

データベースのアクティブ/パッシブ状態を元に戻す必要があります。



1つ1つデータベースを指定し移動させてもいいのですが、

数が多い場合手間がかかります。



Exchangeではそんな場合に、

1発で行えるスクリプトが用意されています。













・RedistributeActiveDatabases.ps1



このスクリプトは各データベースの「アクティブ化優先順位番号(ActivationPreference)」に基づき、

優先度に従って自動的にデータベースのスイッチオーバを行います。



スクリプトの場所は以下です。



c:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\Scripts



以下のように実行します。



./RedistributeActiveDatabases.ps1 -DagName DAG01 -BalanceDbsByActivationPreference -ShowFinalDatabaseDistribution





このスクリプトを実行するためには、

予め各データベースコピーにアクティブ化優先順位番号を設定しておく必要があります。

アクティブ化優先順位番号が低いサーバのデータベースほど、アクティブ優先順位が高くなります。



アクティブ化優先順位番号は、

管理コンソールー>サーバ設定ー>データベースコピーのプロパティ

で設定できます。








コメント

タイトルとURLをコピーしました