Exchange Serverで会議室のプロパティ(リソース情報)変更時の注意点

会議室オブジェクトの予定表の既定のアクセス権を、
コマンドレットで変更する場合の注意点です。








<成功する記述>
>Set-MailboxFolderPermission 会議室6F:\予定表 -User 規定 -AccessRights LimitedDetails
>Set-MailboxFolderPermission -identity “kaigi6F@xxxx.co.jp:\予定表” -User 規定 -AccessRights LimitedDetails
>Set-MailboxFolderPermission -identity kaigi6F:\予定表 -User 規定 -AccessRights LimistedDetails

<失敗する記述>
>Set-MailboxFolderPermission -identity “kaigi6F@xxxx.co.jp:\Calendar” -User 規定 -AccessRights LimitedDetails
>Set-MailboxFolderPermission -identity “kaigi6F:\Calendar” -User 規定 -AccessRights LimitedDetails
フォルダ指定の際に”予定表”ではなく、”Calendar”と指定した場合、エラーとなるようです。


※AccessRightsのパラメータ
AvailabilityOnly : 空き時間情報のみ
LimitedDetails : 空き時間情報、件名、場所
ReadItems : 全詳細
Reviewer(参照者): 全詳細
Author(作成者): 全詳細

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました