Exchange Server 2010のMRMコマンドまとめ

Exchange Server 2010のMRM(メッセージングレコード管理)コマンドについて検証してみました。

ジャーナルメール:New-ManagedFolder -Name ‘Inbox’ -DefaultFolderType ‘Inbox’ -Comment ‘アイテムは180日で削除されます’
予定表:New-ManagedFolder -Name ‘Calendar’ -DefaultFolderType ‘Calendar’
※-Nameに -DefaultFolderType と別の名前を付けてManagedContentSettingやManagedFolderMailboxPolicyで-Nameの値を指定すると動作しませんでした。
ジャーナルメール:New-ManagedContentSettings -Name ‘InboxManagementContents’ -FolderName ‘Inbox’ -RetentionAction ‘PermanentlyDelete’ -AgeLimitForRetention ‘3.00:00:00’ -RetentionEnabled $true -MessageClass ‘E-mail’ -TriggerForRetention ‘WhenDelivered’
予定表:New-ManagedContentSettings -Name ‘CalendarManagementContents’ -FolderName ‘Calendar’ -RetentionAction ‘PermanentlyDelete’ -AgeLimitForRetention ‘3.00:00:00’ -RetentionEnabled $true -MessageClass ‘CalItems’ -TriggerForRetention ‘WhenDelivered’
※対象フォルダの全アイテムを消す場合は -MessageClass *と設定します。
試してみたところ、-MessageClass ‘CalItems’では、予定表アイテムは消えませんでした。InboxやDeletedItemsにもメールアイテム以外(予定表など)は入る可能性があるので、今回は-MessageClassは*としました。

ジャーナルメール:New-ManagedFolderMailboxPolicy -Name ‘JounalManagedFolderMailboxPolicy’ -ManagedFolderLinks ‘Inbox’
予定表:New-ManagedFolderMailboxPolicy -Name ‘CalendarManagedFolderMailboxPolicy’ -ManagedFolderLinks ‘Calendar’
※ManagedFolderLinksで複数指定する場合は、’Inbox’,’DeletedItems’のように区切ります。

設定したMRMをユーザへ適用する場合は以下のようにします。
Set-Mailbox -Identity JounalUser -ManagedFolderMailboxPolicy ‘JounarlManagedFolderMailboxPolicy’
ユーザへの適用を解除する場合は以下のようにします。
Set-Mailbox -Identity JounalUser -ManageFolderMailboxPolicy:$null
また、設定したMRMはすぐには適用されません。
コマンドで適用する期限を設定できます。
1日以内に全てのメールボックスを処理するよう管理フォルダーアシスタントを構成します。
Set-MailboxServer MyMailboxServer -ManagedFolderWorkCycle 1

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました