perl例外処理 dieでエラー出力時に行番号を表示させない方法

perlで例外処理を行う場合、eval-if($@)を使用できます。
細かな使用方法は色々なサイトで解説されているため省略します。

eval句の中で以下のようにdieを使用すると、エラーをthrowできます。
eval {
#何かの処理がエラーと判断された場合
die(“エラーです。”);

};
if($@){
print “$@”;
}


この場合”エラーです。at xxx/xxx/xxxx.pm line 10″と結果が出力されます。
このat以降はエラーが発生したモジュールの行番号が自動的に連結されます。

この行番号を表示させたくない場合、dieのメッセージ指定時に改行で終了します。

die(“エラーです。\n”);

こうすれば出力結果は”エラーです。”となります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました