perl例外処理 dieでエラー出力時にシステムエラーを出力する方法

perlで例外処理を行う場合、eval-if($@)を使用できます。
細かな使用方法は色々なサイトで解説されているため省略します。

eval句の中で以下のようにdieを使用すると、エラーをthrowできます。
eval {
#何かの処理がエラーと判断された場合
die(“エラーです。”);

};
if($@){
print “$@”;
}

この際システムエラー内容も同時に出力させたい場合、「$!」を使用します。

die(“エラーです。$!”);

ファイルオープンに失敗した場合等のシステムエラーメッセージが$!部分に続けて表示されます。

 
Web開発
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました