Windows7でインターネット接続が遅い時はSNP機能の無効化で改善されるかも。

OS
Windows7のパソコンを使用していて、日頃からインターネット接続の速度が遅かったりした場合、「SNP」という機能が悪さをしている可能性があります。

もちろんパソコン自体のスペックやインターネット接続回線速度等の、基本的な事はチェックした上での話です。

■「SNP」とは?

SNPとはScalable Networking Packの略称でネットワークを最適化する機能です。

通常はパソコン上のCPUが行っているネットワーク関連処理を、NIC(ネットワークインターフェースカード)に行わせCPUの負荷を下げるよう動作します。

SNPは以下の3つの機能から構成されます。

1.TCP Chimney Offload TCPのネットワーク処理をNICにオフロード(負荷軽減)する機能

2.Receive Side Scaling(RSS) TCP受信制御の効率化機能

3.Network Direct Memory Access(NetDMA) NICからのメモリーアクセス効率化機能。

Windows 7では標準でこのSNP設定が有効になっていますが、完全な技術ではないという事もありそのまま使用するとネットワーク処理が不安定になったり、ネットワーク処理とは関係ないアプリケーションの処理に影響を与えたりする可能性があります。

無効にしてみましょう。


■「SNP」の無効化

SNP設定はコマンドプロンプトで行います。

「スタート」->「すべてのプログラム」->「アクセサリ」->「コマンドプロンプト」アイコンを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
通常の左クリック起動では権限が不足しておりSNP設定が行えません。

以下のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
netsh int tcp set global chimney=disabled
これは、TCP Chimney Offload の無効化です。


以下のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
netsh int tcp set global rss=disabled
これは、Receive-Side Scaling(RSS)の無効化です。
以下のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
netsh int tcp set global netdma=disabled
これは、Network Direct Memory Access(NetDMA)の無効化です。

実際の実行画面は以下のようになります。

無題1


最後にSNP設定を確認しましょう。

以下のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
netsh int tcp show global
以下画像の赤枠のようになっていればOKです。

無題2

 

コメント