android studio スタイル・テーマの変更方法:マテリアルデザインへの変更

android studioによるスマホアプリ開発で、アプリのスタイル・テーマを変更する方法を記載します。

テーマとはアプリ全体の色や形のデザインを統一するための仕組みで

android OSでもテーマを選ぶことができます。

あとはgmailでもテーマを変更してデザインを変更できます。

スタイル・テーマ変更は大きく以下の流れで行います。

 1.スタイル定義を修正、新規作成する

 2.修正、作成したスタイルを適用する

まず本記事ではスタイル定義を修正、作成する方法を記載します。

android studio でスタイルテーマ・定義を変えるには以下のファイルを修正します。
app/src/main/res/values/styles.xml
ファイルを開いて、
<style name=”AppTheme” parent=”xxxxxxxx”>
と書かれている行を探します。

ここにデフォルトで作成されるスタイル”AppTheme”の定義が書かれています。

この行の「parent=」以降の文字列を好きなテーマに合わせて変更することで、
AppThemeスタイルのデザインを変えることができます。

マテリアルデザインに変えるには xxxxxxx 部分を以下のように書きます。
<style name=”AppTheme” parent=”android:Theme.Material”>
parentは文字通り”親”という意味で、parent指定したテーマのスタイルを継承します、という意味です。

継承したうえで上書きしたいデザインは、<style></style>タグ内に個別に書きます。


例えば以下の様な設定の場合、
<?xml version=“1.0” encoding=“utf-8”?>
<resources>
    <style name=“CodeFont” parent=“@android:style/TextAppearance.Medium”>
        <item name=“android:textColor”>#00FF00</item>
    </style>
</resources>
 TextAppearance.Mediumというテーマを基本的に使用するが、
文字色のみ変更する、

という設定になります。

ちなみに上記例ではname=”CodeFont”となっており、”CodeFont”スタイルを新規作成したことになります。

parent指定できる代表的なものに以下の様なものがあります。
Theme なにも指定しないと設定されるデフォルトのThemeです
Theme.Black 黒を基調としたThemeです
Theme.Black.NoTitleBar タイトルバーなしのThemeです
Theme.Dialog Dialog用のThemeです
Theme.Light 白を基調としたThemeです
Theme.Holo 黒を基調としたAndroid3.x用のThemeです
Theme.Holo.Light 白を基調としたAndroid3.x用のThemeです
Theme.Holo.NoActionBar ActionBar無しのAndroid3.x用のThemeです
ほかにも色々ありますので以下を参考に試してみてください。
https://developer.android.com/reference/android/R.style

次は作成したスタイル定義を適用していきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました