Jenkinsの意外と知られていない小技達


オープンソースの継続的インテグレーションツール「Jenkins」。

ソフトウェア開発プロジェクトなどにおける「ビルド」「デプロイ」「テスト」などの作業自動化/効率化を支援してくれる便利なツールです。

さて、そのJenkinsですが意外と知られていない小技があります。

ここではその便利な小技を紹介します。

JenkinsでWebブラウザの管理画面からJenkinsサービスを再起動させる方法

メンテナンス目的などでJenkinsサービスを再起動したい際に、
Web管理画面にはサービス再起動項目がありません。

ではどうするか、

ブラウザのアドレス欄に以下を入力しEnterをクリックします。
http://JenkinsサーバURL/safeRestart
すると
”Jenkinsを再起動してもよろしいですか? 実行中のジョブが終了したら再起動します。”
というメッセージが表示されます。

そのまま「はい」ボタンを押下すると再起動されます。


Jenkinsジョブで出力されるコンソールログにタイムスタンプを表示させる方法

Jenkinsでジョブを実行するとコンソールログに結果が出力されます。

しかし、デフォルトではジョブ実行結果のコンソールログにタイムスタンプは表示されません。
(スタート時刻のみ表示されます。)

いつ処理を実行したのか、どのくらい処理に掛かっているのか、

実行時刻が表示されている方が何かと便利です。

以下その方法です。

  1.Timestamper プラグインをインストールします。
    (インストール後Jenkinsサービス再起動)

  2.ジョブ設定に「コンソール出力にタイムスタンプを追加する」欄が追加されていますのでチェックを付ける

※特に2を忘れないように。。

これでジョブ実行時にコンソールログにタイムスタンプが表示されるようになります。


コメント