Windows7の動作が重たくなったら試そう。~ディスククリーンアップ~

パソコンを長い間使用していると、いつの間にか不要なファイルが溜まっていきます。

ソフトウェアをインストールする際の一時ファイルなどなど。。。

それらがCドライブを圧迫するとWindowsそのものの動作まで遅くなってしまいます。

ディスククリーンアップを使用すると、一時ファイルが削除されてごみ箱が空になり、既に不要な各種のシステム ファイルとその他のアイテムが削除されます。


Windows7の場合、以下の手順で実行します。


・スタートメニュー ⇒ すべてのプログラム ⇒ アクセサリ ⇒ システムツール ⇒ ディスククリーンアップ を選択します。

・「ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択」画面で、Cドライブを選択しOKをクリックします。
(各PCによってCドライブ名が様々です。XXXXXX(C:)と書いてあるドライブを選択します。

・どれくらい空き容量を増やせるかの計算が始まります。
結果が出るまで少し待ちましょう。

・計算が終わるとディスククリーンアップ画面が表示され削除するファイルのリストが表示されます。
すべてのファイルをチェックしOKをクリックします。

・「これらのファイルを完全に削除しますか?」と聞かれるので「ファイルの削除」をクリックします。

・ファイルの削除が始まります。進行中画面が閉じたらディスククリーンアップは完了です。


これだけで場合によっては、かなりの容量が回復できます。
ぜひ試してみてください。

 
OS
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました