Windows7 バッチファイル(*.bat)のファイル関連付けを削除し元に戻す方法

アプリケーションのファイル関連付け機能で.batファイルをテキストエディタ等に関連付けている人も多いと思います。

誤ってファイルをダブルクリックした場合に実行されないよう、私もこうしていました。

しかしこれでは困ってしまう場合があります。

グループポリシーのログオン/ログオフスクリプトでバッチファイルを起動するよう設定されていた場合に、ログオン/ログオフ時に.batファイルが実行されずにテキストエディタで開いてしまい、そのままログオン/ログオフできなくなってしまいます。

ここでは、.batファイルのアプリケーション関連付けをリセットする方法を記載します。

アプリケーション関連付けは、
[コントロール パネル]-[既定のプログラム]-[関連付けを設定する]
で行えます。

しかし.batなどの特別な拡張子は、一度関連付けた設定を[関連付けを設定する]からは戻せません。

レジストリを編集してリセットする必要があります。

※※レジストリ編集は誤った書き込みを行うとシステムが起動できなくなる可能性があります。※※
※※レジストリ編集の際は慎重に自己責任でお願いします。※※

スタートメニューの「プログラムとファイルと検索」にregeditと入力しEnterを押下すると、レジストリエディターが起動します。

左側エリアのツリーを以下の順に追っていき、最後の.batというキー(フォルダ)を削除します。
(ツリー上の.batを右クリックし表示されたメニューから削除を選択します。)
HKEY_CURRENT_USERのSoftware\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.bat
このキーは.batにアプリケーション関連付けを行うと作成されます。

これで.batファイルのアプリケーション関連付けがリセットされました。

[関連付けを設定する]で確認すると、.batの現在の規定プログラムが”不明なアプリケーション”となっています。


OS
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました