エンジニアの私が転職を考え始めたきっかけ

どうもこんにちは。

前回、なぜ記事を書こうと思ったのか、私の簡単なプロフィールを含め書きました。

転職を決意して転職するまでの体験を途中経過も含めて書いていきます

ここでは私が転職を考え始めたきっかけを書いていきます。

結論から先に言ってしまうと、

第一の目的は

  ”残業削減”

です。

前述の通り私はソフトウェア開発会社でSEとして働いています。

同業の方ならお察しのとおり中々残業の多い職種です。

働き方改革のご時世、一昔前より月々の残業時間は減ってきていますが、

それでも連日帰宅は夜中になります。

また急な案件やトラブルがあると、

突然忙しくなり先が読めない部分も多いです。

平日は家族で夕食を、、とできる日はめったにありません。

そんな中大変忙しかったある年、ちょっとした病気になり体調を崩してしまいました。

本来なら1~2週間は安静にしておく必要がある病気でしたが、

色々立て込んでおり3日程度休み仕事に戻りました。

それが良くなく、数年経った現在でも尾を引いています。

家族(特に妻)にも大変な心配を掛けてしまいました。

この頃から徐々に将来を考えるようになり、
転職を視野に入れるようになりました。

この仕事・会社で残りの数十年やっていけるのか、、

また同じような状況になった時に再発しないか、、

毎日夜中に帰宅する生活が続いて良いのか、、

これがおよそ4年ほど前です。

つまり私の場合ある日突然転職を思い立ったわけではなく

徐々に考え始めた、という感じです。

冒頭述べたように、

・このような残業続きの働き方を変え、

・家族で夕食を取れるようにしたい

というのが転職の第一の目的です。

これだけであれば現在の会社で対応する選択肢もあります。
・プロジェクトを変える
・部署を変える
・残業しないで済むよう上司に掛け合う


私の場合いろいろ悩んだ末に

現在の会社での選択はしませんでした。

次回、その話を記載します。

第二の目的です。

 
併せて他の記事もどうぞ

エンジニアの転職話

コメント

タイトルとURLをコピーしました