階層型アドレス帳 表示順について

Outlookの階層型アドレス帳では、左側エリアのツリー上の所属部署を選択すると、
右側エリアにユーザ一覧が表示されます。

ユーザ一覧に表示される実体は、ADのユーザ/グループオブジェクトです。

このときの表示順は、デフォルトではADオブジェクトである「ふりがな」の昇順になります。
ユーザ/配布グループの種別に関係なく、「ふりがな」昇順でソートされます。


意図した順で並べたい場合は(役職順など)、
ADオブジェクトのmsDS-HABSeniorityIndex属性を使用します。

msDS-HABSeniorityIndex属性は、ADSIエディターで編集可能です。

設定した数値(整数のみ)の大きい順に上から表示されます。
※この大きい順というのが結構厄介で、一番下のユーザに”1″を設定すると
 ユーザが増えた場合にそれ以上小さい値を設定できなくなります。
 また、連番で番号を設定した場合も、間にユーザを追加したい場合に、
 それ以下のユーザをすべて見直す必要があります。
 100単位で設定するなどの工夫が必要です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました