Outlook オフラインアドレス帳更新の仕組み







Exchange2010のオフラインアドレス帳の更新についてまとめました。



<WEBベース配布の場合>



・基本的な流れ

   サーバ上でオフラインアドレス帳更新(生成) 

    ↓

   配布ポイントにオフラインアドレス帳がコピーされる。

    ↓

   Outlookクライアントにダウンロード





・Outlookクライアント上でオフラインアドレス帳が更新される頻度

   キャッシュモードで常にOutlookが実行中の場合、24時間ごとにクライアントのオフラインアドレス帳が

   自動的に更新される。

   24時間の期間は、最後にオフラインアドレス帳が正常にダウンロードされた時点から起算される。

   ⇒この期間設定は変更できない。



・オフラインアドレス帳の次回ダウンロード予定時刻を確認する方法

   最後にオフラインアドレス帳がダウンロードされた時刻を把握していない限り、

   オフラインアドレス帳の次回ダウンロード開始予定時刻は分からない。



・Exchangeサーバでオフラインアドレス帳ファイルが更新される頻度

   規定では毎朝5:00になっている。

   管理コンソール上からスケジュールを変更することも可能。

   

・Exchangeサーバの配布ポイントにオフラインアドレス帳がコピーされる頻度(ポーリング間隔)

   規定では480分ごとに更新をチェックする。

   管理コンソールの「オフラインアドレス帳配布」->「owa(default web site)」->ポーリング間隔(分)」

   で変更できる。

   ※この設定をあまり短くするとサーバのパフォーマンスに影響するので注意。

   最初のポーリングは、Microsoft Exchangeファイル配布サービスの開始時に実行される。

   ⇒Microsoft Exchange ファイル配布サービスを再起動すると、オフラインアドレス帳の内容がOutlookクライアントに即座に反映される。





(参考)

Outlook 2003 および Outlook 2007 でのオフライン アドレス帳の管理

http://support.microsoft.com/kb/841273/ja

Outlook 2010 で Exchange キャッシュ モードの展開を計画する

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc179067.aspx

オフライン アドレス帳について(Exchange2010のヘルプ)

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb232155.aspx

Troubleshooting Offline Address Book Generation on Exchange 2010

http://blogs.catapultsystems.com/IT/archive/2010/03/11/troubleshooting-offline-address-book-generation-on-exchange-2010.aspx








コメント

タイトルとURLをコピーしました