階層型アドレス帳 ツリー上の配布グループへの送信制限







階層型アドレス帳の階層ツリー(左側の階層エリア)に表示されている階層名は、
階層名を選択した状態でOutlookの宛先として追加することが出来ます。





階層名の実体は配布グループですので、

そのまま配下のメンバー全員にメールが送られます。



例えば、以下のような階層があったとします。







総務部

 ∟総務1課

 ∟総務2課

   ∟環境係

   ∟庶務係



ここで総務部を宛先として選択すると、

その配下の総務1課、総務2課、総務3課、環境係、庶務係のメンバー全員にメールが配信されます。



誤って選択した場合などは大変なことになりますね。







裏技的なのですが、階層名を宛先に選択しても

メールが送信できなくする方法があります。





管理者が階層ツリー上の配布グループのプロパティで、

「メッセージの配信制限」-「受信を許可する送信者」を設定します。



デフォルトでは「全ての送信者」にチェックが入っていますが、

「次の一覧に指定した送信者のみ」を選択し、administratorなど通常送信しないユーザをリストに入れます。



こうすることで、一般ユーザがその配布グループを宛先に追加しても、

エラーメッセージが表示され送信できなくなります。





ただし!



グローバルアドレス帳からその配布グループを選択した場合も、

同じようにエラーとなります。



まさに、あっちを立てればこっちが立たず状態です。








Outlook
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました