Microsoft Failover Cluster (MSFC)でクラスタクォーラムディスクを変更する方法

Windows Server 2008/2008R2で、ウィザードを使用してMSFCを構築した場合、
ノード間で共有しているディスクが自動的に記憶域として選出され、
自動的クラスタクオーラムディスクとして設定されます。

したがって共有ディスクが複数ある場合、
意図しないディスクがクォーラム領域として設定されてしまう可能性があります。


クォーラムディスクは以下の方法で、MSFC構成後に
フェールオーバークラスタマネージャから修正できます。

・変更対象のクラスターを右クリックし、[操作]ペインの[その他のアクション]をクリック。
・[クラスター クォーラム設定の構成(Q)]でウィザードに従って変更する。

参考
http://cdexcom.blogspot.jp/2011/05/widnows-servermsfc.html



OS
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました