WindowsServer 2008 R2起動時にブートメニューから起動時間の調整方法

Windows Vista/Server 2008以降で導入された新しいブート・メニュー・システム、

「BCD(ブート構成データ)ストア)」

を使用し、サーバ起動時にブートメニューを表示させ起動時間を調整することができます。


通常、ブートメニューは表示されませんが、
BCDを使用してブートローダを複数作成することで表示されます。

「どのOSを起動させるか選びなさい」画面が表示され、
あらかじめ設定したタイムアウト秒数だけその画面に留まります。

つまりタイムアウト秒数だけ起動時間が遅れます。
その仕組みを利用します。

やることは2つ。
・ブートローダを追加
・タイムアウト値を設定

①ブートローダを追加
コマンドプロンプトで以下を実行します。
>bcdedit /copy {current} /d “Windows Server 2008 R2 second”
“Windows Server 2008 R2 second”の部分は名前なので、何でもかまいません。
ただし、1つ目のブートローダが”Windows Server 2008 R2″なので、それ以外を設定します。

コマンドプロンプトで以下を実行し、ブートローダが追加されたことを確認します。
>bcdedit


②タイムアウト値を設定
コマンドプロンプトで以下を実行します。
>bcdedit /set {bootmgr} timeout 30

“30”の部分に待機したい秒数を設定します。

コマンドプロンプトで以下を実行し、タイムアウト値が変更されたことを確認します。
>bcdedit


あとはサーバをリブートすれば、次回起動時からOS選択画面が表示されます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました