Microsoft Failover cluster (MSFC)でファイルサーバサービス利用時の注意点

Windows Server 2008 R2 で Microsoft Failover cluster (MSFC) を構築し、
ファイルサーバサービスを使用する場合一つ注意点があります。

まず、ファイルサーバの設定方法は、
フェールオーバクラスタマネージャから、「サービスとアプリケーション」でファイルサーバを追加します。
そしてクライアントからアクセスする共有フォルダを追加します。

この状態で、クライアントからは ”仮想サーバ名\共有フォルダ名”ではアクセスできます。
しかし、”仮想IPアドレス\共有フォルダ名”ではアクセスできません。

デフォルトで作成されている共有フォルダF$へは、”仮想IPアドレス\F$”でもアクセス可能です。


どうやらこれはWindows Server 2008 R2の仕様のようです。

Windows Server 2008 から仕組みが変更され、
Windows Server 2003 のサーバー クラスターのように、
仮想IPアドレスでアクセスすることができなくなったようですね。

うーん、非常に違和感があります。。

参考
http://social.technet.microsoft.com/Forums/windowsserver/ja-JP/528d0f59-df90-486c-ba47-28ab98b3a664/msfc-



コメント

タイトルとURLをコピーしました