RemoteApp プログラム起動時のクライアント警告画面を消す方法

Remote Desktop Services
Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップサービスを使用したRemoteAppプログラム起動時に、クライアントに以下の警告画面が表示されることがあります。

新しいビットマップ イメージ


この「コンピューターへの接続について今後確認しない」というチェックボックスをオンにすると、次回接続時からは表示されなくなりますが、最初から表示させない方法が以下に記載されていました。
また、セッションホストを負荷分散させている場合は、RemoteApp起動までに複数回警告メッセージが出る場合があります。
RDSH の負荷分散構成において RD 接続時や RemoteApp 起動時に発生する警告メッセージを回避する方法
http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2011/08/12/rdsh-rd-remoteapp.aspx


この内容によるとファーム名が記載された証明書を作成し、各リモート デスクトップ セッション ホストに証明書をインストールする必要があるようです。
CAを立て、CSRを発行し、証明書をダウンロードし、セッションホストに割り当て・・と結構めんどくさいですね。

「今後確認しない」のチェックをつけて続行するも、ログオフ後再ログインすると、また警告が表示されます。

証明書を設定せずに消す方法を探していると、以下の情報がありました。

Authentication levelの説明(英語)
Authentication level

およそ以下の内容です。
・サーバーの[RemoteAppマネージャ]のカスタムRDP設定を、[authentication level:i:0]に設定する。
・再度設定変更後にクライアントに反映させるには、rdpファイルを再作成するか、直接rdpファイルをメモ帳などで変更する必要がある。(RemoteApp Webの場合には不要です)

設定値”0″は認証失敗時に警告なしで接続するらしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました