Jenkinsサービスを再起動させる方法。ブラウザの管理画面からサービスを再起動する。


ジョブ実行に重宝する「Jenkins」。

 
ジョブ作成や各種設定作業はWeb上の管理画面から実施します。

まれにメンテナンス目的などでJenkinsサービスを再起動したいことがあると思います。

 
通常はTeraTermなどのSSHコンソールでJenkinsサーバにログインし、サービス再起動コマンドで実行します。

 
意外なことにWeb管理画面にはサービス再起動メニューが用意されていないのです。

 
しかし、色々な理由でできない事もあるかもしれません。

 
・TeraTermでログインするのが面倒

・ログインする管理者パスワードがわからない

・Linuxコマンドなんてよくわからない

 
(まあサーバ管理者としてはどれも失格ですね。。)

 
そのような時のために(かどうかはわかりませんが)、

 
Jenkinsではブラウザ上でJenkinsサービスを再起動する方法が用意されています。

 
方法はとても簡単です。

 
ブラウザのアドレス欄に以下を入力しEnterをクリックします。

http://JenkinsサーバURL/safeRestart
 
すると、

”Jenkinsを再起動してもよろしいですか? 実行中のジョブが終了したら再起動します。”
 
というメッセージが表示されます。

 
そのまま「はい」ボタンを押下するとサービス再起動が開始します。

 
再起動中は当然ですがWeb管理画面には接続できません。

 
しばらく待ってWeb管理画面に再度アクセスできるようになれば再起動は完了です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました