Hyper-Vで仮想ハードディスクの拡大/縮小は可能か!?

Hyper-V仮想マシンで使用される仮想ハードディスク(VHD/VHDXファイル)の拡大/縮小について調べてみました。
結論から言うと、後から容量を拡張することはできますが、縮小すること (容量可変 VHD の最適化は可能) はできません。
最適化処理では、仮想マシン内で削除された空き領域を整理し、容量可変 VHD ファイルの容量を小さくします。

容量可変 VHD (差分 VHD を含む) では、仮想マシン内でファイルを削除しても、容量可変 VHD ファイルの容量は小さくならないため、
最適化” 処理を行い仮想ハードディスク容量を縮小します。

仮想ハードディスクの設定変更は、Hyper-Vマネージャーの「ディスクの編集」から行えます。
仮想ハードディスクのサイズ拡大後は、仮想マシン内にログインしサーバマネージャ→ディスクの管理から、未割り当て領域が追加されていることを確認します。
ディスクの管理でボリュームの拡張を行うとOSから使用可能になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました