Hyper-V CSV環境のバックアップ時の注意

Hyper-V の CSV を用いた、Live Migration 環境のバックアップを行う場合、バックアップ時にリダイレクト アクセスが発生します。
たとえば、ホスト1/2とある環境でホスト1の仮想マシンをバックアップ中の場合、
ホスト2に所属する仮想マシンからCSVにアクセスする際のI/Oは、ハートビートネットワーク経由でホスト1から行われます。

ホスト1の仮想マシンをバックアップ中は、CSV所有者がホスト1になってしまいますので、
その間ホスト2は直接CSVにアクセスできないんですね。
したがってバックアップ中は、ハートビートネットワークにそれなりの負荷が掛かりますので注意が必要です。

また、バックアップネットワークは1Gbps、ハートビートネットワークは100Mbpsのような構成の場合(運用環境では無いとは思いますが)、
CSVの所有者ノードと仮想マシンの所有者ノードが異なる状態の場合、100Mbps以上のスループットは出ません。
(上記リダイレクトを考えると、ハートビートネットワーク以上の速度は当然出ませんね。)

検証時にこの状態に陥ってハマりました。。。
DPM による Hyper-V の Live Migration 環境のバックアップを行う際の Tips
こんにちは。System Center サポート部の石井です。   本日は、CSV のネットワーク構成を iSCSI ストレージを使って用いている場合のネットワーク構成における注意事項と、Live Migration 環境の安定性向上の為の様々な修正プログラムやウイルス対策ソフトのチューニングについてお知らせします。H...

 
ArcServe r16
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました