ARCserve Backup を利用した仮想マシンのバックアップ









VMware 仮想マシンをArcServeを使用してバックアップする場合、

大きく分けて以下の三種類の方法がある。

















①VCB (VMware Consolidated Backup Framework)

 ・バックアップサーバにVCBをインストールする

 ・バックアップ対象仮想マシンにClient Agent for Virtual Machinesをインストールする



②VDDK(Virtual Disk Development kit)

 ・バックアップサーバにVDDKをインストールする。

  ※ArcServe r16ではArcServe Backupインストール時に自動的にインストールされる。

 ・バックアップ対象仮想マシンにClient Agent for Virtual Machinesをインストールする



③Client Agent for Windows

 ・バックアップ対象仮想マシンにClient Agent for Virtual Machinesをインストールする

 ・物理サーバと同様にバックアップ

 ※ファイルレベルバックアップのため、仮想マシン復旧時にはOSやArcServeの再インストールが必要になる。





①,②については仮想マシンがRDM(Raw Device Mapping)を使用している場合は未サポート。








ArcServe r16
NRBMをフォローする
年中暁を覚えず・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました